Featured Post

おすすめの優良消費者金融

消費者金融のなかでも、特に利用しやすいおすすめがあります。
ランキングに載っている業者でも、人によっては向き不向きがあるものです。
そのなかでも、万人に利用しやすい可能性が高い消費者金融をご紹介いたします。


消費者金融最低金利のプロミス

プロミスは、消費者金融のなかで一番上限金利が低いです。
キャッシングを利用する上でどうしても気になってしまうのは、金利です。
金利の表示には幅がありますが、信用実績がないうちは上限金利あたりの場合がほとんどです。
そのため、わずかでも上限が低いというのは重要になります。
当然、即日融資は可能で、さらに30日間無利息サービスの提供もしています。
まとまったお金を借りるときに用意しなければならない収入証明書も、原則50万円までは必要ないので、審査に必要なのは本人確認書類だけです。
欠点らしい欠点がないところが、プロミスの強みです。


わかりやすさに力を入れているモビット

モビットは、各消費者金融のなかでもホームページがとてもわかりやすいです。
カードローンと通常のキャッシングでお金を借りることができますが、どちらも丁寧な案内が載せられているため、スムーズに申し込むことが出来ます。
審査を申し込む前に、簡易的な10秒審査などである程度の結果がわかるため、30分も時間をとられることもありません。
ただしモビットの場合は、最初から収入証明書と職業を証明できる書類が必要になるので、事前に用意するものが若干多いところが欠点といえば欠点です。


参照元

消費者金融の審査や借入について…消費者金融に関するポータルサイト。消費者金融は、融資までのスピードが早いことが特徴です。


立地かインターネットで選ぶ消費者金融

消費者金融を利用する上で、おすすめできるポイントというのはわりと限られています。
なぜならば、金利や利用限度額などランキングによく載せられている項目は、消費者金融ごとにそこまで大きな違いがないからです。
金利に関しては大半が18%か少し下、利用限度額は500万円というところが8割以上を占めています。
となると、それ以外のポイントで比べなければいけませんよね。


消費者金融は立地で選べ!

極端な話、どんなに優れたキャッシング会社でも行動範囲内になければ利用が大変です。
そのため、普段の行動範囲内にある消費者金融を洗い出して、その中でも立ち寄りやすい立地にあるところを選びましょう。
店舗窓口だけでなく無人契約機などでもちゃんと申し込みはできるので、気に入った消費者金融の支店がどこにあるかそれぞれホームページで確認してみましょう。
逆の考えで、もし知人と行動範囲が被るのが嫌な方は、少し遠くの支店を利用すると良いですね。


さらに便利になるインターネットキャッシング

もし、立地の条件が良い消費者金融が見つからないのであれば、ホームページからインターネットを経由してキャッシングを利用するという手段もあります。
カードローンではなく振込融資になるためその点は少し注意しましょう。
どちらのほうが使いやすいかは人次第ということもあるので、一概にこっちのほうが良いと決めることはできませんが、共通して言える事は、自分にとって利用しやすいところが一番のおすすめです。


消費者金融を利用する時の注意点

消費者金融を利用する際は、返済が滞らないように気をつけましょう。
キャッシングを利用するときは当然気をつけなければならないのですが、消費者金融の場合においては特に注意です。
それには金利が関わっています。


消費者金融は金利が高い

金融機関のなかでも、特に消費者金融は金利が高めになっています。
なぜかは割愛させていただきますが、高いということは遅れた分の利息も高くつきます。
払う必要のない利息をわざわざ払ってしまうことになりますし、返済が遅延したという情報は記録されてしまいます。
それらの情報は第三者機関で保管されてしまうため、他の消費者金融の審査などで悪い印象を与えてしまいます。
遅延などの悪い情報を、事故情報といった表現で見かけることがあります。
トラブルの程度によって6ヶ月から5年の間は保管されるため、その間ずっと不利になってしまいます。


不利にならないためには

金利が高いのなら、無利息サービスがとてもおすすめです。。
消費者金融のなかには、金利ゼロの無利息サービスを提供しているところもあります。
はじめての利用の場合や借入上限額などの制限はありますが、それを差し引いても利用しやすいサービスです。
○日間という期間が設けられているので、その間に一括で返済すれば金利がかかることはありません。
事故を起こさないためにも、こうしたサービスを積極的に利用していきましょう。


初めてキャッシングする方におすすめの消費者金融

キャッシングを初めてご利用される方におすすめの消費者金融があります。
初めてキャッシング会社を利用する場合にも、実績を残すために利用しやすい消費者金融はおすすめです。
業者によっては、利用者に嬉しいお得なサービスを提供しています。


初めて限定無利息サービス消費者金融

金利のことを考えるのがまだ難しいと感じたら、無利息キャッシングの利用が良いです。
プロミスやレイクといった消費者金融は、はじめてのご利用される方に対して無利息のキャッシングを行っています。
30日間無利息でお金を借りられるので、金利が高くなってしまう少額の借入でも安心して借りることができます。
特にレイクは、30日間だけでなく180日間無利息のサービスも提供しているので、消費者金融デビューにはもってこいの業者です。
ただし、借りられる上限は5万円とそれほど高くないので、まとまった金額をキャッシングしたい場合は他をあたってみましょう。


信用?実績?

信用や実績は、キャッシングの前に行う審査に関わってきます。
審査の基準の中には、本人情報の他に過去の借入利用履歴もあります。
他の金融機関の借入利用履歴は、信用機関という第三者機関を通じて情報共有されているため、筒抜けです。
そのこともあって、過去の利用がしっかりしていると次の審査が通りやすくなる傾向があるというわけです。


消費者金融と銀行の大きな違いは金利

消費者金融と銀行を比べると、真っ先に気になるのは金利の差です。
同じ金融機関なのになぜ違いがあるのか。
金利はどうやって決まっているのか。
それには、貸金業法のうち利息制限法、総量規制、また限度額が深く関わっています。


消費者金融は貸金業者

消費者金融は、貸金業法のうちの1つである利息制限法によって金利が定められています。
借入限度額によって大きく3つに分けられており、金利は20%、18%、15%が上限になっています。
多くの業者の上限金利が18%以下なのは、こういうことです。
信用されていくことで限度額を上げることが出来ます。
逆に言えば、初めのうちは限度額も低いので金利が高めになっているというわけです。


いくら信用を上げても総量規制がある

貸金業者には、総量規制があります。
長く消費者金融を利用していれば金利も下がっていくのかというと、少し違います。
信用を上げても、消費者金融では年収の3分の1以上の借入はできません。
これが総量規制というもので、貸金業者はもれなくこれに当てはまります。
そのため、まずは利用しやすい消費者金融で信用できる利用実績を残して、ある程度の年月が経ったら金利の低い銀行の審査を受けてみる、というのがおすすめの利用方法です。