サラ金と銀行の大きな違いは金利

サラ金と銀行を比べると、真っ先に気になるのは金利の差です。
同じ金融機関なのになぜ違いがあるのか。
金利はどうやって決まっているのか。
それには、貸金業法のうち利息制限法、総量規制、また限度額が深く関わっています。


サラ金は貸金業者

サラ金は、貸金業法のうちの1つである利息制限法によって金利が定められています。
借入限度額によって大きく3つに分けられており、金利は20%、18%、15%が上限になっています。
多くの業者の上限金利が18%以下なのは、こういうことです。
信用されていくことで限度額を上げることが出来ます。
逆に言えば、初めのうちは限度額も低いので金利が高めになっているというわけです。


いくら信用を上げても総量規制がある

貸金業者には、総量規制があります。
長くサラ金を利用していれば金利も下がっていくのかというと、少し違います。
信用を上げても、サラ金では年収の3分の1以上の借入はできません。
これが総量規制というもので、貸金業者はもれなくこれに当てはまります。
そのため、まずは利用しやすいサラ金で信用できる利用実績を残して、ある程度の年月が経ったら金利の低い銀行の審査を受けてみる、というのがおすすめの利用方法です。

初めてキャッシングする方におすすめの消費者金融